懺悔

脳みそドリアのブログです

おばあちゃんの知恵

こんばんは。

昼間は真夏のような暑さの日が増えていますが、まだまだ朝晩は冷え込む季節です。

いかがお過ごしでしょうか。私です。

 

最近、やっぱり自分もお役立ち情報というか、なにかみんなのためになることを発信しようと思い始めたんですよね。

だから、今回はめちゃくちゃに使えるライフハック、おばあちゃんの知恵をみなさんにお届けします。

 

みなさん、恋人のことはなんて呼んでますか?

下の名前にちゃん付けやくん付け、または一部分を切り取ってのあだ名。

もしかしたら、友達の期間が長くて名字で呼んでるという人もいるかもしれませんね。

しかし、呼ぶときに浮気相手の名前で呼んでしまって面倒なことになった!!なんてこと、ありますよね?

今回はそのリスクを大幅に減少させるおばあちゃんの知恵を公開しちゃいます。

 

結論から先に申しますと、呼び名を統一させるんです。

じゃあ、どう統一させればいいのか。問題はそこですよね。

例えば、「佐藤キララ」という子と「小比類巻花子」という子と付き合っていたとしましょう。

双方の名前に共通点はなく、片方は名前が、もう片方は名字が珍しい感じになっています。

ここからどう統一すればいいんだ…全然テイストが違うじゃないか…と思ったあなた。

任せてください。

こういうときは、名前と一切関係ないあだ名で呼びます。

名前と一切関係ないあだ名、一見考えるのも定着させるのも難しそうだと思いますよね。

しかし実際は簡単で流れも自然です。

以下に手順を示します。

 

①名前の一部をちゃん付けで呼ぶ。(例:キラちゃん、ハナちゃん)

②その呼び方を逆にする。(例:ちゃんキラ、ちゃんハナ)

③名前の部分を消す(例:ちゃん)

 

ほら!!!一緒になった!!!

ちなみに、この工程、名前を含んでいるのでわりと短期間で移行していっても違和感を持たれることはないと思います。たぶん。

今回はちゃん付けを例に挙げましたが、なんでもいいです。

〇〇たそでも、〇〇ぴょすでも、〇〇ちょすでも。

最終的に統一させることが目的なので。

これで名前を呼び間違えて喧嘩に!浮気バレに!なんてことが激減するかもしれません。

「お!ちょうど名前呼び間違えそうになったんだよな!」って人がいたら試してみてください。

検証はしたことないので、上手くいくかは知りません。

そこは自己責任です。

なぜなら君は大人だから。

 

では、みなさん快適な浮気ライフを。

 

P.S.

内定祝いのPS4ニンテンドースイッチ募集してます。